一戸建てリノベーションで洋館のような家になりました。

築50になる一戸建ては、全体的に痛みが激しく一戸建ての新築建て替えを検討していましたがお金の問題から構造的に痛みの激しいところを補強し、耐震工事もしてリノベーションしました。経年劣化が、激しくもともと壁が多く窓からの光が、遮られるため暗い印象がありました。今回はリビングの隣にある洋室との壁を取り除いてリビングを広くし、キッチンとの壁も取り除き、アイランドキッチンのような様相になりました。また天井を高くして、梁をわざと見せるようにして、さらにそこに窓を取り付けました。天井の高くなり、日の光が多く入るようになったため、とても開放的な空間に生まれ変わりました。全体的に壁や天井は白で統一し、壁に間接照明を多く配置し、昼は太陽の反射光で、夜はオレンジ色の照明の光で空間が柔らかく演出されます。その他にも、家の外壁も板張りで若干くらい印象があったものを、すべて張り替え真っ白な外壁になり、二階部分は一階と同様に部屋数を減らし、不要な壁は取り除いて広く開放感のある空間になりました。水回りに関しては、一番劣化していた部分だったように思っていたため配管なども含め、キッチン、洗面スペース、ユニットバス、トイレにいたるまですべて入れ替えました。それらも色は白で統一し、キッチンや洗面台の収納スペースの側面だけは木材でお願いしました。取手部分や、タオルかけ、蛇口などはゴールドにすることによって、ちょっとしたアクセントになり気に入っています。以前はどこにでもある日本の一戸建てといった感じだったのに、この一戸建てのリノベーションが終了後は、まるで洋館のような建物になりました。今回、この一戸建てリノベーションのコーディネートをしてくれた会社は、間取りを変更した部屋の様子からドアノブや照明などの細部に至るまでCGで再現してくださり、自分の好みにあった一戸建てを完成させることができました。新築の建て替えではなくリノベーションをして、本当によかったと思っています。

Copyright ©All rights reserved.私が選んだ賃貸の不動産物件について .